三井住友銀行カードローンの特徴を紹介します!

平成20年頃までは、お金を借りると言えば消費者金融が一般的でした。現在でも急にお金が必要と感じたら、プロミス、アコムを頭に思い浮かべることが多いと思います。
ここ数年、

  • 消費者金融よりも低金利でカードローンが利用できる
  • 思っているほど敷居が高くない
  • 収入証明書も不要
  • 銀行のカードローンは安心ができる

 

 

という理由から急激に支持を集め、銀行カードローンがシェアを拡大しているのです。
これは、銀行カードローンのサービスが飛躍的に進化したことにより、銀行を選ぶ消費者が増えたことが大きな理由です。
今回は、銀行カードローンの中でも、三井住友銀行カードローンの特徴とおすすめの理由を紹介していきますね。

 

1. 三井住友銀行カードローンの商品説明

 

まず、三井住友銀行カードローンの概要ですが、

  • 契約限度額:800万円まで
  • 契約金利:4.0%〜14.5%
  • 三井住友銀行の口座の有無:不問
  • おまとめ、借り換えへの利用:OK

 

 

と、概要はこの通りになっていて、極度額300万円までは収入証明書不要です。

・金利が安い

 

 

金利を安く利用できることは魅力的です。また、契約限度額に合わせて金利が下がるシステムを採用していて、取引の実績ごとに金利が下がるのは嬉しいサービスですよね。

・申し込み方法も簡単

 

 

ネットから申し込みをすると最短30分で審査結果が出ます。振り込みによる借り入れも可能ですし、カードを持っていれば、三井住友銀行ATMやコンビニATMでも手数料無料で利用できるんです。
カードの受け取りは、三井住友銀行の本支店か、プロミスの自動契約機に来店すればその場で発行されます。

? 審査は当日中で即日融資にも対応

 

三井住友銀行カードローンの大きな特徴は、即日融資が可能という点が、他行と比較した場合でも大きなアドバンテージになります。
銀行カードローンの審査は保証会社が全て請け負っているため、

  • ネットでしか申し込みをうけつけていない
  • 契約まで10日前後時間がかかる
  • 銀行口座の開設が必要

 

 

という条件を提示している銀行が多い中、三井住友銀行は即日借り入れが可能になっているのです。
これは、子会社のプロミスとの連携もスムーズになっていて、ネット申し込みから最短30分で審査結果をメールで回答してくれます。
借り入れまでは平均して1時間前後で、午前中に申し込みを済ませておけば、ネットだけで即日借り入れができるのです。

また、カードの受け取りは、三井住友銀行の本支店か、プロミスの自動契約機まで足を運べばその場で受け取れます。

・自動契約機の受付時間

 

三井住友銀行の自動契約機は平日、土日祝日も遅くまで営業していて、

  • 三井住友銀行のローン契約機:土日祝日含めて9:00〜21:00まで
  • プロミスの自動契約機:土日祝日含めて8:00〜22:00まで

 

 

と、このように21時まで、プロミスの自動契約機に関しては22時まで受け取り来店が可能です。
銀行の支店は地方には件数が少ないですが、プロミス自動契約でも受け取りが可能なため、上手にフォローできていますよね。
もちろん郵送が困らないという場合には、カードを自宅に送付してもらうことも可能なので、自分の都合の良い方法を選べます。
郵送物が困るのか、困らないのかで自分でカード受け取り方法を選べるのも魅力の一つです。

? 契約後はカードで借り入れと返済ができる

 

カードを発行したあとは、三井住友銀行ATM、提携先ATMなど、手数料無料で利用できます。

 

コンビニATMが利用できることで大抵の場合困ることはないと思いますが、近くにコンビニがない、金融機関もないような場合には、(離島居住や海外に転勤になったようなケース)ネットバンクを利用して借り入れと返済を行うこともできます。
その際は三井住友銀行の口座を同時に申し込みしておく方がスムーズに手続き進むので便利です。

? 銀行口座があれば引き落としも可能

 

返済日をうっかり忘れてしまうという人には、毎月引き落としで入金をする方法も選べます。
クレジットカードや商品をローンで分割決済すると銀行の引き落としになることが多いと思いますが、同じようにカードローンの返済も銀行引き落としにすることもできるのです。
銀行引き落としを希望する場合には、三井住友銀行の銀行口座を所有していることが条件となりますが、元々持っていなくても、カードローン申し込みのときに、併せて申し込みをすれば、引き落としによる返済を選択することができます。
カードのみを利用して入出金するのか、口座引き落としによる利用が良いのか、都合に合わせて利用できるのも銀行カードローンの魅力です。

2. 増額希望時にやるべきこと

 

初回設定された限度額よりも、増額が必要になるケースもあると思います。先の話になりますが、念のため困った場合の対応方法も考えておく必要がありますよね。
もし、増額が必要になったときはどのように手続きを取れば良いのか確認していきます。

? プラザに電話やネットで手続きが取れます

 

発行されたカードの裏側に連絡先電話番号が記載されています。そこに電話して増額の可否を確認すれば結果はすぐに出てきます。
また、三井住友銀行カードローンを契約すると会員ページにログインできるようになるので、そこから増額希望のボタンを押すと審査が始まるので、都合の良い方で進めると良いですね。
会員ページはパソコンやスマホ、携帯電話からログインすることが可能になっているので、カード番号と暗証を入力すると個人ページが開きますのでチェックしてみてください。

・増額審査には取引実績などの期間が必要

 

契約して1週間で増額が必要なケースは稀だと思いますが、契約直後の増額は大抵の場合断られます。
一定期間、平均すると半年から1年前後を取引期間として銀行もチェックしているので、

  • 取引に延滞はないか
  • 他行の利用などは増えていないか
  • 消費者金融での利用が増えていないか

 

 

このような内容を確認して、増額の可否を決めています。
取引状況が良ければ銀行から増額審査の連絡が入ることもあるので、希望に合わせて対応してください。

? 収入証明書が必要なケース

 

三井住友銀行では、限度額が300万円を超えなければ収入証明書は不要としています。
基本的な契約金額が50万円〜100万円前後なのを考えると、増額審査で収入証明が必要なケースはあまりなさそうだと認識して良さそうです。
審査内容としては、

  • 取引の実績
  • 他社、消費者ローンの利用状況
  • 届け出を出している勤務先の規模、年収金額
  • 銀行口座内の金額(これで審査はレアケース)

 

 

公表はしていませんが、このような内容で判断しています。
増額審査は都度受け付け可能ですが、毎回希望どおりになるとは限らないので、限度額は常に余裕を持たせてほうが良いですね。

3.三井住友銀行カードローンのメリット

 

銀行カードローンの中でも、消費者金融のスピード審査と銀行カードローンの金利の安さを兼ね備えたハイブリッドな契約になっています。
三井住友銀行のメリットは、

  • 即日融資可能
  • カード発行方法も来店か郵送か選べる
  • 引き落とし入金も可能

 

 

と、このようにメリットが盛りだくさんですが、さらにメリット内容を説明していきます。

? 在籍確認は銀行名で電話があります

 

カードローンの契約をするとき、「在籍確認」と呼ばれる、あなたが勤務先に在籍しているチェックをオペレーターが電話で確認します。
消費者金融に申し込みをするとき、個人名での連絡がはいりますが、銀行カードローンの場合、銀行名での確認になります。
確認はこのような方法になり、
私、三井住友銀行の〇〇と申しますが、△△さん、いらっしゃったらお願いします。
このような内容になり、会社の同僚や上司に、カードローンの申し込みをしている事実は一切説明しません。
もし、あなたと直接話すようなことになっても「これで確認は終了になります」となりますので、1分かからない程度で終了する内容です。
銀行からの電話なので困ることはないと思いますし、それでも会社に誤魔化す必要があるなら、住宅ローンの審査や、クレジットカードの審査なども同じように在籍確認がされています。
場合によっては、銀行口座の普通口座を開設するときも電話連絡があることから、銀行口座開設のためと説明しておけば問題はないはずです。
銀行名の連絡でも困る場合は、事前に誤魔化す方法を考えておけば良いですよね。

? 三井住友銀行の金利は安い?

 

限度額に応じて金利が変わる方式を取っていて、銀行カードローンの中でも安いのです。

 

まず、消費者金融と比較しても、

  • 100万円未満:18%
  • 100万円超:15%

 

 

が、スタンダードになっているのに比べて、最大でも14.5%の金利です。

あとは、取引実績や限度額に応じて金利が下がっていく方式になっているので、安いという認識を持って大丈夫ですね。

? 三井住友銀行カードローンの口コミは?

 

大手比較サイトの内容を確認しても、満足している人が多く、不満が少ないのが特徴です。
5段階中の評価内容は、

  • スピード審査
  • 返済金額
  • 借入方法
  • 金利
  • サービス内容

 

 

の5項目を、5段階評価されていますが、全ての項目において4点以上を獲得しています。
主な口コミとしては、

  • メガバンクだから審査に通りにくいのかと思ったらそうでもなかった
  • 口コミを信じて申し込みをして良かった
  • 無利息期間はないけど、元の金利が安いから銀行の方がお得だ

 

 

という内容が多く、利用者の多くが満足しています。

? 解約したいときはどうすればいいの?

 

銀行の普通口座を解約するときと違い、カードローン契約の場合は、残高を清算し終わって電話連絡だけで解約ができるのです。
清算方法は千円未満の端数が出るので振込で最後の分を入金するか、次回引き落とし分で清算をして、清算後に解約になります。
オペレーターに内容を伝えれば5分で終わる内容ですし、電話終了から30分で口座が抹消されるのです。
念のためホームページから、会員ログインを試してみてログインが出来なければ解約が成立しています。

3. まとめ

 

三井住友銀行カードローンをおすすめしたい理由を解説しました。
銀行カードローン特融の審査の遅さもなく、金利も安く、利用方法も便利と悪い条件が一切ありません。
メインのカードローンにする人も多く、最近では、
消費者金融で利用していたものを、全て銀行カードローンに変更したという話も多く聞きます。
このように、多くの人から支持されている銀行カードローンだからこそサービス内容も日々良くなっていきます。
三井住友銀行カードローンは、市場の金利動向により設定利率の見直しを行っています。日本はマイナス金利を導入しました。今後カードローンの上限金利も安くなるのか期待値が大きくなりますよね。
今後のサービス内容に益々期待してしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です