カードローンの審査が通らない・落ちてしまう理由とは?【年収編】

消費者金融や銀行でカードローンの申し込みをすると、必ず審査があるのはご存知のとおりです。
銀行や消費者金融は、審査情報が外部に漏れないよう、審査落ちになった理由を教えてくれません。
しかし、大抵の審査落ちはパターン化しているのです。
カードローンの審査基準・通貨するためのコツを解説をします!で説明しきれなかった、年収部分の審査内容をくわしく確認していきます。
貸金業法の中でも年収事項は、総量規制と呼ばれる年収の三分の一以上の借り入れを制限する内容も盛り込まれていることから、契約後の利用停止にも影響を及ぼす事項です。
今回は、年収関係の審査内容について、どのような規制があるのか順に見ていくことにします。

1.カードローンの審査に通らない理由とは

 

カードローンの審査内容は大きく審査項目を分けると、

  • 年収基準
  • 年齢基準
  • 他社借り入れ基準(事故情報など含みます)

 


の3つの基準をクリアする必要があり、どれか1つでも欠けていれば審査落ちになるのです。
そのため、どこのカードローンの申し込みも

  • 仮申し込みも通らない
  • 審査に必ず落ちる

 


となると、大きな基準のいずれか基準を満たしていないのです。
年齢基準も他社借り入れ基準も、クリアしていることを前提で説明していきますね。

?総量規制抵触の可能性

 

貸金業法には、年収の三分の一を超過する借り入れを制限する総量規制があります。中には、1社契約しただけで総量規制に抵触する人もいるのです。
特にパートをしている主婦層や、アルバイトの大学生に多いケースに多いのですが、
自分の借りられる上限金額を理解していないケースが散見されます。
例えば、月収5万円のアルバイトやパートだと、年収金額は60万円になり、借りられる限度額は20万円までです。
消費者金融の顧客管理画面で年収金額の確認、総量規制の抵触の有無は一目瞭然なんですが、契約者が自分で確認することはできず、規制に抵触していることも説明してくれません。
そのため、自分で計算をする必要があります。慣れれば簡単にチェックできますし、審査落ちになる理由も明確に理解できるようになります。

・実際の画像をご覧ください

 

 

これはプロミスの申し込み入力フォームですが、ここに年収金額を入力する欄がありますよね。収入証明を必要としない契約の場合、この金額の1/3が上限金額になります。
しかもプロミスだけで1/3が上限ではなく、すでに他社で借り入れをしていたら、その金額を含めて1/3が上限となるのです。
このように、総量規制により契約ができない可能性があります。

?自分で改善できる審査に通るコツ

 

総量規制に抵触している状態を自分で確認することはできないので、申告した年収金額を把握するのと共に、自分が利用している、

  • カードローンの金額
  • クレジットカードのキャッシングの金額

 


もチェックしておく必要があります。この中には銀行カードローンの金額は含まれませんが、審査段階で銀行からの借り入れがあれば、当然ながら審査内容に響きます。
また、年収金額についてですが、直ちに収入証明書を持参しなくてはいけないケースは少なく、申告するべき年収金額は

  • 税込み(税金が引かれる前の金額)
  • ボーナスがあれば、それを含めた金額

 


になるので注意が必要です。
申し込みの段階で適当に年収を申告すると、収入証明書を提出するまで適当な年収金額のまま審査されますので併せて慎重にしてください。

?収入証明書が必要になるケースもあります

 

状況に応じて、収入証明書の提出をしないと契約ができないこともあるのです。
総量規制では必要なタイミングは2通りしかなく、

  • 1件で50万を超える契約をするとき
  • 合計の借り入れ金額が100万円を超えるとき

 


に必要になり、どちらかに該当する場合のみ収入証明が必要です。

・収入証明の提出するタイミングは?

 

収入証明書が必要なケースにおいては、必ず契約前になり、例外はありません。消費者金融は年収金額を書面で確認した後、契約をする法律上の義務があります。
そのため、急ぎで申し込みをしても、収入証明書がないと審査落ちになることもあるので、収入証明を提出するタイミングを理解しておくことも重要です。
反対に、年収300万円以下の人は収入証明書を提出する必要はありません。なぜなら、年収の三分の一が100万円未満になるからです。※1社で50万円を超える契約をするときは必要です。
このような理由から、収入証明書が必要な人は、年収300万円以上の人が対象になることが多いのです。

2.契約が3件以上あれば審査落ちの可能性大です

 

例えば、大学の頃に、学生ローンをしていたAさんがいるとします。返済継続中に社会人になったと想定します。
学生の時は収入も少なく限度額が10万円、20万円での契約になるケースが非常に多いのです。
年収が学生の頃は80万円前後でも、社会人になって250万に増えた状態で、消費者金融に申し込みをすると審査段階で、
「この人は他社借り入れ2件あるけど両方とも10万円じゃないか!何か理由があるかもしれない。当社も10万円で契約にしよう」
審査時に、このような感覚が働くのです。これは信用情報センターに照会したとき、銀行や消費者金融は、どこの会社の借り入れなのか確認ができないからです。

?前へならえの法則

 

他社が複数あると、契約時の限度額は「前へならえ」の法則に従い同じ限度額になることがよくあります。
そうするとAさんは3社の利用になりますが、合計した限度額は30万円。返済金額は合算しても1万円程度です。総量規制に抵触もしませんし、本人の返済能力も十分あるのに、10万円の契約が3社になりますよね。

?4件目以降の借り入れはイエローカードです

 

このAさんの状況で引き続き確認します。本人は多重債務だと思っていません。実際に件数は多いものの、返済金額は小額です。
Aさんがこのまま4社目に申し込みをすると、断られる可能性が非常に高くなってくるので注意が必要となります。
つまり、審査落ちの理由は借り入れ件数によるのです。
仮に、審査落ちになっても例のごとく、審査落ちの内容を教えてくれることはありません。Aさんは審査落ちの理由を知ることなく「自分は審査に通らない人間だ」と思い込んでしまいます。

?小額契約多数を打破する方法

 

もし、手持ちの現金があれば一旦清算してしまうのが一番の近道ですが、カードローンの申し込みをしているAさんは難しいかもしれません。
一旦、おまとめローンを全面に出している銀行でまとめてしまうのが良い方法です。オリックス銀行なら、2社の保証会社と提携していて柔軟な審査体制が確立されています。
そうすれば、3件30万円の借り入れが1件30万円になり、こうなると不思議と次の審査は通るようになるという不思議な内容なんです。

3.それ以外の審査落ちになるケース

 

収入に関する審査落ちのパターンを説明してきましたが、総量規制の概念がない銀行に申し込みする場合はどうなるのか確認していきます。

?総量規制のない銀行カードローン

 

一見、「銀行は総量規制がないから、年収があれば契約してくれるかもしれない」という期待があるかもしれません。これについては、一概には何とも言えない部分があります。
消費者金融より審査が柔軟なこともあれば、厳しい場合もある。もし、どこでも断られる理由が総量規制だけなら審査に挑戦してみる価値はあります。
また、銀行カードローンの審査時、申し込みをしている銀行口座を所有していれば、銀行口座の中身も審査内容に含まれます
口座残高は多ければ多いほど高評価になるので、毎月定期積立をしている銀行に申し込みをすると審査に通る可能性はアップします。

?一気に何社も申し込むと審査落ちの可能性もあります

 

お金が急に必要な場合、複数申し込みをするケースもあると思います。もし1社審査落ちとなっても、もう1社で契約できればいいや。このように考えて保険をかけて申し込みをするような場合です。
2件程度なら問題はないのですが、4.5件まとめて申し込みをすると反対に審査落ちになることがあります。
巷では申し込みブラックと呼ばれ、一気に複数社申し込みをすると審査落ちするという噂が以前ありました。
まだ、このような対応をしている会社があるのも事実ですが、少し古い情報になっており、最近の消費者金融の運用は契約する傾向にあります。
とは言っても、全ての金融機関がこのような対応をしている訳ではないので、不用心に申し込みをするのは辞めた方が良いですね。

4.まとめ

 

年収の申告については、

  • 年収金額は収入証明によるもの
  • 申告だけで良いもの

 


の2パターンがあります。どちらにも共通しているのは手取り金額ではなく、総支給の金額になっていることを理解する必要があります。
しかし、個人事業主なら、経費を差し引いた所得金額が年収扱いになるので注意が必要です。
審査の内容を告知している金融機関はないので、申し込みをしてみるまで結果はわからないものです。
一方、勘違いにより年収金額を少額で申告しているケースも散見されますので、年収金額は正確なもので回答するようにしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です